簡単!ハンドドリップでおいしく淹れよう!【徳重珈琲】

ハンドドリップ初心者の方へのコーヒーの淹れ方を紹介

【まずはハンドドリップに必要な道具選びから】

ハンドドリップに使う機器

 

  1. ペーパーフィルター
  2. ドリッパー
  3. サーバー
  4. ハンドドリップ用ポット

 

【当店が推奨する道具をオススメします】

メリタのドリッパーとフィルター

 

@ペーパーフィルター と Aドリッパー

 

ドリッパーはメリタ製のドリッパーをお勧めします。

 

ハンドドリップ初心者でしたら一番おいしく淹れられる1つ穴のメリタが「イイ」です。
理由は「一番安定して抽出できるからです。抽出された珈琲液がサーバーやコーヒーカップに落ちる時の穴が1つなので急いで淹れたり、雑に入れても十分にコーヒーの抽出液が排出されるからです。

 

ちなみにめんどくさがり屋で、せっかちな私もメリタ製のドリッパーとフィルターを朝の一杯は個人用で愛用しています。


メリタ フィルターペーパー アロマジック バンブー【1~2杯用 40枚入】PA1X1BB

新品価格
¥138から
(2014/11/11 16:05時点)

メリタ フィルターペーパー アロマジック バンブー【2~4杯用 100枚入】PA1X2GBB

新品価格
¥278から
(2014/11/11 16:09時点)

メリタ フィルターペーパー アロマジック バンブー【4~8杯用 40枚入】PA1X4BB

新品価格
¥243から
(2014/11/11 16:10時点)

Melitta 陶器フィルター 【1~2杯用】 オフホワイト メジャースプーン付 SF-T 1×1

新品価格
¥752から
(2014/11/11 16:14時点)


 

 

ハンドドリップ用ポット

Bポット と Cサーバー

 

ポットはハンドドリップ用のポットをお勧めします。
お湯が出てくる先端が細くなっているものならば何でも構いません。

 

ポットの先端が細い理由は、思い通りに少量のお湯を排出したいからです。
普通のヤカンでは先端が太く一気にお湯が出てしまいます。

 

なれればヤカンでもできないことはないでが・・・とにかく濃いコーヒーを飲む場合は特に「抽出量は少量をゆっくり」が基本となりますので細い先端のポットを選択しましょう!

 

Cのサーバーはmlのメモリがありドリッパーが上における物ならば何でもかまいません。
一人用のドリッパーなら直接コーヒーカップに抽出します。


フィーノ コーヒードリップポット 1.0L

新品価格
¥1,580から
(2014/11/11 16:26時点)

Melitta ドリップセット リラクシン MJ-9402

新品価格
¥1,101から
(2014/11/11 16:28時点)

Melitta グラスポット カフェリーナ 500 4杯用

新品価格
¥933から
(2014/11/11 16:30時点)

Kalita ドリップポット600S 【ステンレス製・茶こし付き】 600ml #52039

新品価格
¥3,500から
(2014/11/11 16:23時点)


 

【さあ それではドリップを始めましょう!】

 

やかんで水道水を沸騰させる

まずはお湯を沸かします、この時はヤカンでも用意したドリップ用のポットでも構いませんが、いつもおいしく淹れるためには普通のヤカンをお勧めします。

 

まずヤカンに水を入れ沸騰するまで沸かします。
沸騰させる理由は、水道水のカルキを飛ばしカルキ臭さを逃がすためです。
その他に気を付けなければいけない事は、「いつまでも沸騰させない」ことです、沸騰を続けると二酸化炭素が無くなり水の本来の味が失われ、「物足りない味」になってしまうからです。

 

電気ポットのお湯もその理由で避けた方がいいでしょう。

 

しかし私の場合朝の忙しい時間は電気ポットのお湯で淹れますけどね・・・特においしく飲みたい時だけ気を付けましょう!ということです。

 

あとは市販のおいしい水はどうでしょう?という質問を受付けますが、珈琲に合う水は軟水です、日本の水道水は軟水なので一番適しています。
市販で売られているミネラルウォーターは硬水が多いのでコーヒーには不向きです。

 

水道水の浄水器もいいと思いますが、フィルターを管理していなければ特にこだわる必要はありません。

 

逆に軟水の市販の水を使ったところでお金をかけたほど味が変わるわけではありません。
一度短時間でもいいから水道水を沸騰させることがキーポイントです。

 

お湯を入れ替える

お湯をドリップポットに入れ替える

 

ここでなぜヤカンで沸かしたか?・・ がわかります。
ドリップ時の抽出温度は85℃〜95℃がおいしく飲める温度なのです、沸騰したお湯の100℃ではマズイわけではないのですが、香りが飛んでしまい、苦いだけのコーヒーとなってしまいます。

 

また、人間の舌は高温であれば あるほど味を感じる「舌センサー」が鈍りますので、沸騰されたお湯をポットに移すことで10℃前後冷やすことができるのです。

 

気の長い方なら沸騰後火を落として数分待っていれば自然と温度が下がりますが、せっかちな私にはできないかなーーー。
お湯を沸かしたヤカンなら洗うこともないですしね。

 

でも朝は電気ポットを使っています。・・・

 

ペーパーフィルターの折り方

ペーパーフィルターを折りましょう

 

ドリッパーにペーパーフィルターをセットするのですが、その前にペーパーフィルターを折らなければドリップにセットできませんよね。

 

その折り方なのですが、一般的なセオリーでは圧着してある所を互い違いに折るのですが、当店は同じ方向に折ることをオススメしています。

 

同じ方向に折るには条件があり、ペーパー全体を折り曲げたとき、コシの強い方に折り曲げた方に折るのが条件です。
ペーパーフィルターには紙の目があり、コシの違いがありますので一度フィルター全体を折り曲げてみてください。

 

サイドの圧着部分を先に折り、底辺の圧着部分を次に折る順番です。
コシがある


折り曲げ方でこんな違いが出ます

フィルターの折り方の検証結果

 

ドリップします

初めは蒸らしを行います

 

ハンドドリップは蒸らしが重要で、一般的なコーヒーメーカーとの大きな味の差が出ます。

 

まず、ペーパーに適量の粉を入れたら「ゆっくり」お湯を中心から外に向けて渦巻き状に注いでいきます。

 

この時、サーバーやコーヒーカップに一滴でも落ちそうになったら止めます、コツは「ゆっくり」 「少量を細く」 注ぎ、あまり端っこまで注がないことがミソです。
端まで注ぐとフィルターとドリッパーのスキ間からお湯が流れ込む恐れがあるからです。

 

蒸らしは30秒ほど待てば終了となります。

 

わかりにくいので動画で蒸らし工程を見てください。

 

ドリップの開始です

 

メリタのドリップは、初めにも紹介したように排出穴が1つですので早めに注いでもおいしく飲めます。
しかしコクと苦みがほしい方はゆっくり少量を渦を巻くようにフィルター中央部から端まで注いでいきましょう。

 

一回めのドリップが終わりお湯と粉が沈んで凹んで来たら2回目のドリップを始めます、この時はもう珈琲のうま味成分の抽出はほとんど終わっていますのでゆっくりドリップしなくてもよいでしょう。

 

コツは蒸らしと同じであまり端っこまで注がないことです、フィルターとドリッパーのすき間からお湯が流れ、抽出されてい無いお湯が流れ出してしまいます。

 

あとはフィルター上部まで注ぐと粉があふれ、粉も一緒に排出されます。
粉も一緒に排出されると後味の悪いコーヒーとなりますので気を付けましょう!

 

ドリップの時間は最高でも2・3分以内に終了させることを心掛けて下さい、それ以上時間をかけても雑味がでてさらに温度も下がりすぎてしまいます。せっかちな私は1分から1分半で終了してしまいます。

 

さあ、これで適量の量が抽出されたらドリッパーを引き上げ完成ですが、当店が初心者の方へ「さらにおいしく淹れられる奥義」もお伝えします!

 

雑味のアクを取る

 

蒸らし後に注ぐ1投目と2投目が終わったらアク取りをします。

 

ドリップ中に中央付近に泡が出てきます、その泡は「アク」で雑味が混じっています。
その泡をスプーンなどで取り除く作業なのです。
ちょうどしゃぶしゃぶをした時のアク取りのようにアクを取ります。

 

しかし、その「アク」は人によってコーヒーの個性として「無いとおいしくない」とおっしゃる方もいますので、あくまでスッキリしたスマートな味を堪能したい初心者の方にお勧めしています。
慣れてくると泡を落とさずにドリップできるようになります。

 

その「アク」を落とさないというのは、1投目以降はできるだけ出てきた泡を下まで落とさなく2投目、3投目を入れていくことです、適量をドリップし終わったら、ドリーッパーにお湯が残っていても引き上げることが肝心です、

 

このように抽出方法をいろいろ楽しめるのも珈琲の楽しさです。その中で一番あなたに合った方法を探すのもすごく楽しくなります。

 

せっかくなのでせっかちな私のアク取り抽出動画もご覧ください。


エクセレント珈琲とは? 珈琲豆の保存方法 おいしさには訳がある LINEで珈琲通に! ハンドドリップがうまい