コーヒーメーカーでおいしく淹れてみよう

抽出温度を知っておきましょう!

※ 抽出温度とは、サーバー(ポット)に溜まったお湯の温度ではなく、機械の吹き出し口から出てくるお湯の温度です。

抽出される温度が肝心

各メーカーの機械により様々な抽出温度があります。 ほとんどの機械は80℃〜95℃に設定されています。 各メーカーのホームページで調べるか、直接排出される部分に温度計を当てるのもいいと思います。(やけどに注意) 
直接測る場合、気を付けることは一番最初の方に出てくるお湯は少し「ぬるめ」です、徐々に高温になってくるので、排出されてしばらくたってっから温度を測ってみましょう、大体10℃近く差があります。

 抽出温度 

 抽出結果  

80℃〜85℃ 酸味が強く出ることがあります 深煎りの豆がオススメ
85℃〜90℃ バランスのいい温度です、豆を挽く細かさで調節
90℃以上 苦味や渋みが出ることがあります。浅煎りの豆がオススメ

80〜85℃のコーヒーメーカーで浅煎り(薄い茶色の豆)を飲む時

浅煎りの豆

かなり酸味が強く出てしまうことがあります。

低温ですと酸味が強く出てしまうのはどうしようもないことです。一度豆を細目で挽いてみたり、粉の量を調節してみたりしてみてください。
それでも酸っぱさが気になる方はどうしようもありません。高温で蒸らしを手動でする方法もありますが、わざわざコーヒーメーカーで淹れるよりハンドドリップをした方が楽になりますのでハンドドリップをお勧めします。(もしくはもうすこし高温のコーヒーメーカーに買い替える)

 

90℃以上のコーヒーメーカーで深煎り(黒っぽい豆)を飲む時

深煎りの豆

結構苦味や渋みが強く出ることがあります。

その場合は豆の量を抑えるか、粗挽きで挽いてみてください、苦味が抑えられて程よい感じになると思います。

 

上記の注意点で分かるように、酸味が強い時などは抽出温度を上げるのですが、コーヒーメーカーは温度設定ができないので、細挽きで挽いたり、豆の量を抑えて薄めのコーヒーにするか、水の量を調節し濃度を変えるか、というの3択となります。
逆に苦く濃いコーヒーになったら、粗挽きで挽いたり、豆の量や水の量を抑えて淹れるという3択となります。

 

 

排出量を知っておきましょう!

排出量を知っておく

当店の豆の設定は130mlから150mlで10gがベストな設定です。
たとえば1杯あたり120ml抽出されるコーヒーメーカーならば、1杯あたり8gの豆の量が最適となります。


杯数(1杯/150ml)

豆量

1杯 10g (スプーン山盛り1杯)
2杯 18g (スプーン軽く2杯)
3杯 24g (スプーン軽く2.5杯)
4杯 30g (スプーン山盛り3杯)

※ スプーンはメリタのドリッパーについてくるスプーンです。

コーヒーメーカーの機種によって抽出スピードが少しずつ違います、ゆっくり出る機械で排出口が小さい場合はかなり濃く出ますので豆を粗目で挽いてみてください。 それでも濃ければ、豆の量を減らしたり、粗挽きで挽いたりして調節しましょう。
薄い場合は逆のことをしてください。

 

コーヒーの抽出は蒸らしが肝心

スイッチを切って蒸らす

最近「蒸らし」機能がついたコーヒーメーカーをよく見かけます。
やはり香りが良く濃厚なコーヒーを飲むためにはこの「蒸らし」が欠かせないでしょう。
蒸らし機能がないコーヒーメーカーでも工夫次第で蒸らしができます。
そう、とっておきの大技!少し抽出されたら電源スイッチを切る!という技です。

効果抜群

サーバー(ポット)の底にコーヒーが1摘でも落ちそうになったらコーヒーメーカーの電源を切る!そうすると抽出がとまり蒸らしが出来ます。
蒸らし時間はおよそ30秒が目安です、30秒〜1分(濃厚な珈琲にしたい時は長め)経過したら再度スイッチをON!それだけで蒸らしは完了です。
電源を切ると「ダメ」なコーヒーメーカーの場合は、直接セットしたコーヒー豆の粉にお湯をかけてあげるという技もありますが、この技をするならハンドドリップをした方が手間も変わらず、しかもおいしくなりますのでわざわざお勧めはしません・・・

 

コーヒーメーカーは最後の1摘まで投入した水をサーバーに注がれてしまいます。
それは珈琲の「アク」まで排出されてしまうということです。
「アク」は雑味となり「スッキリ、あっさり」した珈琲が好きな方には嫌な味です。
それを防ぐにはコーヒーメーカーに水を多めに入れ適量な量が排出されたらドリッパーにお湯が残っていても電源を切る!という技もありますが、そこまでするならハンドドリップでいいんじゃないの?という声もあります・・・ そこまで出来ない方は、蒸らし時間を2〜6分にしてみてください、アクが少し抜けまた変わった味わいになります。
その場合は最後の一滴まで抽出してもかまいません。

 

※「アク」は珈琲豆の個性が出るもので、その「個性を楽しみたい」方や「おいしい」という方もたくさんおられます。

メッシュのフィルターは万能?

メッシュのノンペーパーフィルター

メッシュになったペーパーレスフィルターのコーヒーメーカーの場合は、コーヒーの小さい粉が網の隙間からサーバーに出てしまいますので、苦く渋みのある後味の悪いコーヒーになってしまいます。
その場合はペーパーフィルターを取り付けるとまろやかでおいしいコーヒーになります。

 

めんどくさくてもペーパーの方がペーパーごと珈琲カスを捨てることができ、後片付けも楽チンで、しかもおいしくなります!

 

もし、薄い茶色の豆で酸味を楽しみたいかたは、コーヒーメーカーの購入予定があるのならば1杯当たりのコストはかかりますが、ペーパータイプのコーヒーメーカーを選択しましょう。

 

深く煎った黒光りしている豆の場合は油分があります、メッシュの場合はその油分も排出できます。(フィルターは油分をあまり通さない)
油分の味がたまらなくおいしい!という方は粗目に挽いてノーペーパーで淹れてみてください。
粗目に挽けばメッシュのすき間から出てくる確率が減ります、それはそれでたまらなくおいしく飲めますので味のこだわりでメッシュのままか?フィルターを付けるか?変更してみましょう。


メッシュのすき間から出た粉 メッシュフィルターにペーパーをセット
カスが入り込んでしまう ノンフィルターにペーパーをセット

以上のことからコーヒーメーカーで気を付けることは

  1. 抽出温度
  2. 排出量
  3. 蒸らし
  4. フィルター

の4点をに気を付けてください

 

眠ってたコーヒーメーカーを使う場合

何か月も眠らせていたコーヒーメーカーを引っ張り出して使う場合は、内部の水のタンクや水の通り道などが汚れている場合がありますので、一度豆を入れずお湯だけで抽出してみてください。
サーバータンクも同時に熱で消毒できます。

コーヒーメーカー用に焼き上げました

コーヒーメーカーで淹れる専用豆

 

コーヒーメーカーでおいしく淹れてみよう【徳重珈琲】記事一覧

HARIO v60でおいしく珈琲を淹れよう

ハリオコーヒーメーカー蒸らし機能付きv60 アマゾンで購入HARIO V60 珈琲王コーヒーメーカー 2~5杯用 ブラック EVCM-5B新品価格¥8,690から(2014/11/11 14:46時点)このハリオv60は値段の割には一番おいしく...

≫続きを読む

TIGER カフェブラック ACE-M080でおいしく淹れよう

タイガーACE-M080 アマゾンで購入TIGER マイコンコーヒーメーカー 真空ステンレスサーバータイプ カフェブラック8杯用 ACE-M080KQ新品価格¥6,458から(2014/11/11 12:03時点)こちらのタイ...

≫続きを読む

TIGER CAFEVARIEカフェバリエACT-A040でおいしく淹れよう

タイガーカフェバリエ赤 アマゾンで購入TIGER CAF・・ VARIE カフェバリエ コーヒーメーカー ACT-A040 レッド ACT-A040-R新品価格¥8,942から(2014/11/11 20:45時点)この機種...

≫続きを読む

パナソニック 全自動コーヒーメーカーNC-A56

パナソニックNC-A56浄水ミル全自動コーヒーメーカー アマゾンで購入Panasonic 沸騰浄水コーヒーメーカー ブラック NC-A56-K新品価格¥20,180から(2014/11/15 14:21時点)この機械は2003年にNC-A25、2005年...

≫続きを読む


エクセレント珈琲とは? 珈琲豆の保存方法 おいしさには訳がある LINEで珈琲通に! ハンドドリップがうまい